中小企業の事業承継M&A・会社売却Aに強いM&A仲介会社は?

中小企業の会社売却・事業承継M&Aに強いM&A仲介会社は?

M&Aアソシエイツ株式会社_公式サイト

中小企業は地道な経営人材が育てられないと言う大きな現実に面しています。

 

後継者がいない」「社長が高齢のためそろそろ引退を考えている」「個人債務を解消したい」など、これらは日本の多くの中堅・中小企業に共通しているお悩みです。

 

これらのお悩みは、M&Aを活用した事業承継により解決することが可能です。そして、事業の譲渡を確実にかつ低コストで行うためには、買い手と売り手の仲介者であるM&A仲介会社を慎重に選ぶ必要があります。

 

M&A仲介会社は、買い手候補となる企業を紹介してくれるだけでなく、適切な売却価格の算定・契約書交渉の仲介・会計税務面でのアドバイス・財務面でのアドバイスなど、そのサービス内容は多岐にわたります。

 

信頼のおけるM&A仲介会社選びが、事業譲渡成功へのとても大切な第一歩となるわけです。

 

中小企業に強いM&A仲介会社、おすすめランキング

M&Aアソシエイツ株式会社

M&Aアソシエイツ株式会社

おすすめ度: M&Aアソシエイツ
政府系金融機関におけるM&A専門家が設立した、中小企業M&Aに特化した国内最大級のM&A仲介会社です。公的機関を出身母体としているため信頼性は抜群。豊富な実績を有しています。

 

また、完全成功報酬型の手数料システムを採用しているため、売却が成功しない限り一切の手数料はかかりません。安心の仲介会社としてお勧めいたします。

 

矢印3

 


株式会社ストライク

株式会社ストライク_公式サイト

おすすめ度: 株式会社ストライク
公認会計士が設立した、中小企業に特化したM&A仲介会社です。毎年セミナーを開催したり、ネット上でM&Aデータを提供していますが、スタッフの一部にはM&Aの専門性にやや不安の残る担当者も存在しています。

 

矢印3

 


M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

株式会社M&Aキャピタルパートナーズ_公式サイト

おすすめ度: 株式会社M&Aキャピタルパートナーズ
大小さまざまな案件を取り扱うM&A仲介会社です。顧客満足度の高さが売りとなっていますが、当社を設立した代表者は元々M&Aの素人であるため、サービスクオリティの高さは不明。株式価値の算定などを手がけています。

 

矢印3

 



 

事業承継において相続を進める上の難しさとは?

日本の経済を底から支えている中小企業、それは日本の9割を占めるまさに宝と言える存在です。しかし、その多くの企業で経営者がワンマン経営にならざるを得ない構造を持っています。

 

経営者が元気な時は良いのですが、通常は彼らも不死身ではありませんのでいつかは新しい後継者に譲らなければなりません。それでも、多くの企業では彼らが存命中に経営をしっかりと担える人材は育ちにくいこともあって、経営者によるワンマン状態はより一層悪化することになるでしょう。

 

その結果、経営者が亡くなると、それまでその下で甘んじていた複数の人材がどんぐりの背比べを行うことになります。このような状況は徹底した家族経営若しくは同族経営を行っている企業に非常に多く見られる現象でして、経営者の死後に事業承継にて相続を進める場合に兄弟や親戚間のいがみ合いが激化して行くのです。

 

家族経営を行っている中小企業の中でも伝統企業になりますと、事業承継による相続は困難を極めることが多くなりますので如何に経営者が存命中に必死になって後継者を育てておかなければならないかが重要と言えます。

 

若しくは経営者の方は早めに自社の将来像を描き、どうしても後継者が出来ない状況であればM&Aにより事業承継を第三者企業に進めると言う選択肢も持たなければなりません。

 

矢印3 事業承継に強いM&A仲介会社はこちら

事業承継で経営を継続してもらうメリットとは?

日本経済においては大企業が生産輸出をメインに行っていますが、そのサービスや製品を形成しているのは紛れもなく中小企業によるところが多くなります。よって、中小企業は大企業によって成り立っていると言われますが、実際のところ中小企業が倒れて困るのは日本の大企業となるでしょう。

 

しかし、中小企業も最近では経営が理想的でないのは紛れもない事実でして、これも影響して事業を適切に継いでくれるような経営人材は必ずしも育ってはいないのです。だからと言って、経営者が永久的に経営を続けるというわけにはいかないので、多くの企業では事業承継自体が非常に大きな課題であることも多くなっています。

 

それでも中小企業には、自社内で後継スタッフを調達できなくても新たな事業承継の選択肢が生まれてくるようになりました。それは、経営を心意気のある企業へ譲渡すると言うパターンとなるのです。実のところこの譲渡方式は多くのメリットを持ちます。

 

まずは事業承継によって譲渡先の企業の経営成長に寄与することができることで、本来自社の経営項目だったものをより斬新な形で発展してもらえると言うことです。さらに、既存の人材をそのまま承継してもらうことで、雇用を守ることが出来ると言うメリットもあるでしょう。

 

このような事業承継の仲介を多くの経営者のために専門的に行っているのがM&A仲介会社です。まずは無料相談より、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

矢印3 事業承継に強いM&A仲介会社はこちら

 

<関連サイト>
中小企業庁

 

経済産業省